<予約受付中> Marc Jordan / Both Sides (2019/4/19 発売予定)
型番 BSMF-8026
定価 2,400円(税込2,592円)
販売価格

2,400円(税込2,592円)

購入数


<予約受付中>2019年4月19日発売予定 会員登録後ログインすれば10%OFF!
予約受付は発売日3日前まで、商品は入荷次第発送いたします。
入荷が遅れる際はご連絡いたします。その場合のみキャンセルしていただくことが可能です。


BSMF-8026 マーク・ジョーダン / ボス・サイズ

70〜80年代のAORシーンで活躍し、今も絶大なる人気を誇るマーク・ジョーダンの最新作は、まさにアメリカン・ソング・ブック!ジョニ・ミッチェルやルー・リード、ローリング・ストーンズ、カーティス・メイフィールドなどロック&ソウルの名曲に、ジャズのスタンダードやオリジナルを織り交ぜ、極上のサウンドをバックに大人の渋いヴォーカルを聴かせる。プロデュースにマイケル・ブーブレなどを手掛けるルー・ポマンティ。ゲストにはランディ・ブレッカー(トランペット)やトミー・エマニュエル(ギター)等の超一流が参加。



1. Nearness Of You
2. Calling You
3. I Saw Your Smile
4. Walk On The Wild Side
5. Both Sides Now
6. What Are You Doing For The Rest Of Your Life
7. Wild Horses
8. He's Going Back to Break Your Heart
9. People Get Ready

Marc Jordan (マーク・ジョーダン)
マーク・ジョーダンは、1948年NYのブルックリン出身、カナダのトロント育ち。NYの大学で映画を専攻するも、中退して音楽の道に進む。70年代初めはボビー・ヴィーやデイヴ・メイソンのギタリストとして活躍。74年にCBSからシングル「It's a Fine Line」など数枚発売するも、成功には至らなかった。しかし、スティーリー・ダンのプロデューサー、ゲイリー・カッツの目に留まり、彼のプロデュースでワーナーから78年『マネキン』でデビュー。79年にはジェイ・グレイドンのプロデュースで『ブルー・デザート』を、83年には『ア・ホール・イン・ザ・ウォール』などをリリース。ウェスト・コースト・サウンドやAORの代表作として今も人気が高い。その後もコンスタントにアルバムを発表し93年の『Reckless Valentine』ではJUNOアワードのプロデューサ・オブ・ジ・イヤーを受賞。他にも映画やTV、ミュージカルなどのスコアを手掛けたり、ロッド・スチュワート「RHYTHM OF MY HEART」、ベット・ミドラー、シカゴ、ダイアナ・ロスなどへ楽曲を提供し、コンポーザーとして大活躍している。
この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける