<予約受付中> Khalif Wailin' Walter / Nothin' Left To Lose (2018/1/23 発売予定)
型番 BSMF-2642
定価 2,400円(税込2,592円)
販売価格

2,400円(税込2,592円)

購入数


<予約受付中>2019年1月23日発売予定 会員登録後ログインすれば10%OFF!
予約受付は発売日3日前まで、商品は入荷次第発送いたします。
入荷が遅れる際はご連絡いたします。その場合のみキャンセルしていただくことが可能です。


BSMF-2642 カリフ・ウェイリン・ウォルター / ナッシン・レフト・トゥ・ルーズ

シカゴ出身、現在はジミ・ヘンドリックスへのオマージュM1や、シカゴ・ソウル・シンガー、タイロン・デイヴィスのために書いたM2、そしてカーティス・メイフィールドに捧げたM9など、ファンク、ソウル、レゲエ、ロックなどを取り込んだ独自のオリジナル・ブルースを聴かせる注目作。



1. Reign Down Fire
2. I’ve Made A Change
3. Why Did I Do It
4. Bang (Interlude)
5. One Last Nerve
6. Papa Legba’s Lounge
7. Superwoman
8. Worries, Worries, Worries
9. Can You Feel My Groove

Khalif Wailin' Walter (カリフ・ウェイリン・ウォルター)
シカゴ出身。ビリー・ブランチらが在籍したサン・オブ・ブルースのギタリスト&ヴォーカリスト、カール・ウェザースビーを叔父に持つ。幼い頃からギターを手にし、カールからギターのテクニックやそのブルースマンとしてのスピリッツを学ぶ。大学時代に、ロニー・ブルックスを初め、様々なバンドでシカゴのクラブで活躍を始める。2002年にはロニーのヨーロッパツアーに参加。その後、BBキングの娘、シャーリー・キングのバンドマスターを務め、他にもタジ・マハール、バディ・ガイ、ジュニア・ウェルズ、オーティス・ラッシュなど錚々たるアーチストと共演。2001、2003、2007年にシカゴ・ブルース・フェスティヴァルにも出演。2008年にはファースト・ソロ・アルバム『Let Me Say That Again』をリリース。その後、ヨーロッパを拠点に精力的にライブ活動を行っている。2013年には『シー・プット・ザ・ヴードゥー・オン・ミー』で日本デビューを果たす。

関連商品

BSMF-2333 Khalif Wailin' Walter / She Put The Voodoo On Me
この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける