ログイン
はじめてのお客様へ 新規会員登録はこちら
カートの中身を見る

» カートの中身を見る


名前

キャプテンブルース(Masato Nishimura)

メモ

今年は皆様にとっても大変な1年だったことと思います。 音楽業界も当然のように大打撃を食らい、休業・閉店するお店なども相次ぎました。 しかーし!今こそ音楽の力を発揮する時。そう思い、来年2021年も頑張ってまいります。 ブルース・レーベルなどのTシャツ・グッズ専門サイト『ROOTSVILLE』も開業いたしました。 大変ご好評いただき嬉しい限りです。 今後とも宜しくお願いいたします。


グラミー2019 ノミネート作品
ブルース・ミュージック・アワード2019 ノミネート作品
グラミー2020 ノミネート作品
Blues Women Series 2021 キャンペーン
メルマガ登録・解除はこちら
Art Pepper - Unreleased Art Vol.: Live At The Winery, September 6, 1976(2022/03/25発売)
型番 BSMF-7657
定価 2,700円(税込2,970円)
販売価格

2,700円(税込2,970円)

購入数


★BSMF-7657 アート・ペッパー / アンリリースト・アート Vol.8:ライブ・アット・ザ・ワイナリー、1976年9月6日
4546266218507

レジェンド・サックス奏者、アート・ペッパーの未発表音源を発表してきたウィドウズ・テイストの“Unreleased Art”シリーズが遂に一般発売!今まで自主販売しか行われてこなかった貴重な11枚のアルバムの中から特に素晴らしい内容の物をオムニヴォアが世界流通。第一弾は、Vol.8としてリリースされていた、1976年カリフォルニア州サラトガのザ・ワイナリーで行われたジャズ・フェスでの演奏。メンバーは、スミス・ドブソン(P)、ジム・ニコルズ(B)、ブラッド・ビルホーン(Dr)。晩年の名演が今蘇る!





1. Caravan
2. Talk: Band Intros
3. Ophelia
4. Here’s That Rainy Day
5. Talk: About Smith Dobson; Intro to What Laurie Likes
6. What Laurie Likes
7. Straight Life
8. Saratoga Blues


★Art Pepper(アート・ペッパー)
アート・ペッパーは、1925年9月1日カリフォルニア州ガーデナ出身。ウェストコースト・ジャズを代表する白人サックス奏者としてジャズ史に偉大なる名を遺した天才。12歳でサックスを始め、16歳でプロデビュー、18歳でスタン・ケントン楽団に加入して活躍。その後、軍隊生活を経て1953年初のリーダー作「Art Pepper Trio」を発表し、たちまちスターの座に。しかし、その後、麻薬におぼれて何度か逮捕・収監を繰り返すことに。復帰後の1956年『Modern Art』や1957年『Meets the Rhythm Section』などの作品は高い評価を受け、彼の黄金期と言われている。その後、コンスタントに秀作をリリースするも、1960年代後半からは再び、麻薬依存がひどくなり長い療養生活に入る。1973年の復活後は精力的に活動し、変貌を遂げたストレートな表現やモーダルな演奏スタイルで新たなファンを獲得。1978年以降は、幾度もの来日公演を行い多くのファンを喜ばせたが、1982年脳溢血により56歳という若さで他界。


★関連商品
ジャズ名盤再発掘シリーズ
BSMF-7645 セロニアス・モンク・カルテット / ライブ・イン・ストックホルム 1961 (2CD)

この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける