ログイン
はじめてのお客様へ 新規会員登録はこちら
カートの中身を見る

» カートの中身を見る


名前

キャプテンブルース(Masato Nishimura)

メモ

今年は皆様にとっても大変な1年だったことと思います。 音楽業界も当然のように大打撃を食らい、休業・閉店するお店なども相次ぎました。 しかーし!今こそ音楽の力を発揮する時。そう思い、来年2021年も頑張ってまいります。 ブルース・レーベルなどのTシャツ・グッズ専門サイト『ROOTSVILLE』も開業いたしました。 大変ご好評いただき嬉しい限りです。 今後とも宜しくお願いいたします。


グラミー2019 ノミネート作品
ブルース・ミュージック・アワード2019 ノミネート作品
グラミー2020 ノミネート作品
Blues Women Series 2021 キャンペーン
メルマガ登録・解除はこちら
Vaneese Thomas - Fight The Good Fight(2022/04/22発売)
型番 REDN-0037
定価 2,400円(税込2,640円)
販売価格

2,400円(税込2,640円)

購入数


★REDN-0037 ヴェネス・トーマス / ファイト・ザ・グッド・ファイト
4546266218651

ルーファス・トーマスの娘&カーラ・トーマスの妹で、スティーヴィー・ワンダーやマイケル・ジャクソンなど多くのアーティストのバックコーラスとして長きにわたり活躍してきたベテラン・R&Bシンガー、ヴァネス・トーマスの最新作!プロデュースはマルチプレイヤーでもある夫のウェイン・ワーネッケ。バックにはウィル・リー(ベース)、メンフィス・ホーンズ、サタデー・ナイト・ライブ・バンドのショーン・ペルトン(ドラム)など実力派が脇を固め、ソウルフルでブルージーなオリジナルをパワフルな歌声で聴かせる。



1. Raise the Alarm
2. Same Blood Same Bone
3. Rosalee
4. I'm Movin' On
5. Time to Go Home
6. When I've Had a Few
7. Bad Man
8. Blue
9. 'Til I See You Again
10. He's a Winner
11. Fight the Good Fight
12. Lost in the Wilderness


★Vaneese Thomas(ヴァネス・トーマス)
ヴァネス・トーマスは、1952年メンフィス出身。父は、ファンキー・ソウル・シンガーのルーファス・トーマスで、姉はカーラ・トーマス。70年代から様々なR&Bシンガーのバックコーラスを務め、1987年ゲフィンより『Vaneese Thomas』でデビュー。収録曲「Let's Talk It Over」などがチャートインするもヒットにはつながらず、続く2ndは約10年後の1998年『When My Back's...』。その間もバックコーラスとして、スティーヴィー・ワンダー、マイケル・ジャクソン、スティングなどジャンルを問わず多くのアルバムやツアーに参加し確固たる地位を確立。またパティ・オースティンやダイアナ・ロスなどに楽曲を提供し、ディズニー映画や人気テレビ番組の声優としても活躍。並行して2003年『A Woman's Love』、2013年には父や姉とのデュエットを収録した『Blues for My Father』でブルース・ミュージック・アワードにノミネート。近年も2016年『The Long Journey』、2019年『Down Yonder』と精力的に作品を発表している。


★関連商品





この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける