ログイン
はじめてのお客様へ 新規会員登録はこちら
カートの中身を見る

» カートの中身を見る


名前

キャプテンブルース(Masato Nishimura)

メモ

今年は皆様にとっても大変な1年だったことと思います。 音楽業界も当然のように大打撃を食らい、休業・閉店するお店なども相次ぎました。 しかーし!今こそ音楽の力を発揮する時。そう思い、来年2021年も頑張ってまいります。 ブルース・レーベルなどのTシャツ・グッズ専門サイト『ROOTSVILLE』も開業いたしました。 大変ご好評いただき嬉しい限りです。 今後とも宜しくお願いいたします。


ブルース・ミュージック・アワード2019 ノミネート作品
Eric Bibb キャンペーン
T Shirts SIZE表
グラミー2020 ノミネート作品
映画「メイキング・オブ・モータウン」 
メルマガ登録・解除はこちら
Ronnie Earl & The Broadcasters / Rise Up (2020/09/18 発売)
型番 BSMF-2712
定価 2,400円(税込2,640円)
販売価格

2,400円(税込2,640円)

購入数


BSMF-2712 ロニー・アール&ザ・ブロードキャスターズ / ライズ・アップ

ブルース・ミュージック・アワードのギター・プレーヤー・オブ・ザ・イヤーを4度も受賞し、アナ・ポポヴィッチを初め多くのギタリストからレスペクトされるロニー・アールによる最新作。本作は、コロナ(Covid-19)によるロックダウン解除後に行われた自宅スタジオ・ライブでの音源だ。オリジナルを中心に、フェントン・ロビンソン、エディ・テイラー、マジック・サム、さらにボブ・ディランなどの名曲を、誰もが認める絶品のストラト・ギター・サウンドで聴かせる。ダイアン・ブルーのヴォーカルも文句なし。



1. I Shall Not Be Moved
2. Higher Love
3. Blues for George Floyd
4. You Don't Know What Love Is
5. Blues for Lucky Peterson
6. Big Town Playboy
7. Albert's Stomp
8. In The Dark
9. All Your Love
10. Lord Protect My Child
11. Mess Around
12. Talking to Mr. Bromberg
13. Black Lives Matter
14. Blues for J
15. Navajo Blues


★Ronnie Earl(ロニー・アール)
ロニー・アールは1953年ニューヨーク出身。マディ・ウォーターズに影響されブルースに傾倒。73年からギタリストとして活動を始め、卒業後、シカゴ、テキサスへと修行に出る。79年にロードアイランドを拠点に活動していたルームフル・オブ・ブルースにデューク・ロビラードの後任として加入。並行してソロ活動も開始し、83年ブラックトップより『Smoking』でデビュー。88年にバンド脱退後、本格的に自身の率いるThe Broadcastersを結成し活動をスタート。初期のバンドにはジェリー・ポートノイらも在籍。90年代にはブラックトップ、テラークなどから『Peace of Mind』などコンスタントに傑作を発表。ギタリストとしても高い評価を受け、数多くのセッションにも参加し、音楽賞も獲得。2000年に入るとバンドメンバーも一新し5枚のアルバムをリリース。ここ最近でも2014年『グッド・ニュース』、2015年『ファーザーズ・デイ』、2016年『マックスウェル・ストリート』、2017年『ザ・ラキエスト・マン』、2019年『ビヨンド・ザ・ブルー・ドア』とハイペースで完成度の高い作品をリリースし続けている。


★関連商品
BSMF-2526 ロニー・アール・アンド・ザ・ブロードキャスターズ / マックスウェル・ストリート


この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける