ログイン
はじめてのお客様へ 新規会員登録はこちら
カートの中身を見る

» カートの中身を見る


名前

キャプテンブルース(Masato Nishimura)

メモ

以前からやりたかった、ブルースレーベル柄を中心としたTシャツ・グッズの販売をはじめました! 発売後、大変ご好評いただき嬉しい限りです。 今後も色々な種類を仕入れていきたいと思っておりますが、どうしてもサイズや色をすべて揃えることができません。 そこで、お客様のリクエストをお受けしようと思います。(ページ右上の「お問合せ」よりメールでリクエストしてください!)宜しくお願いいたします。

BSMF RECORDSのFacebook、Twitter、YouTubeチャンネルもございます。是非ともフォローしてご覧ください!


ブルース・ミュージック・アワード2019 ノミネート作品
Eric Bibb キャンペーン
T Shirts SIZE表
グラミー2020 ノミネート作品
メルマガ登録・解除はこちら
Willie Dixon / Live In Chicago 1974 (2020/05/22 発売)
型番 BSMF-7608
定価 2,200円(税込2,420円)
販売価格

2,200円(税込2,420円)

購入数


BSMF-7608 ウィリー・ディクソン / ライヴ・イン・シカゴ 1974

シカゴ・ブルース影の巨人、ウィリー・ディクソンが1974年にシカゴで行った貴重なライブが、観客の臨場感も最高のラジオ放送用音源で登場!マディやウルフ、ウォルターのために書いた超絶名曲の数々を巨漢の彼がド迫力のパワフル・ヴォーカルで聴かせる。バックには、ベテラン・セッション・プレイヤー、ラファイエット・リ―ク(ピアノ)、ディクソンの秘蔵っ子、バスター・ベントン(ギター)などレギュラーバンドががっちり脇を固める。特に御大のバックで張り切りまくる若手、キャリー・ベルのハーモニカが素晴らしい。



1. Intro Boogie
2. Crazy ‘Bout My Baby
3. Rock Me
4. I Don’t Trust Nobody
5. 29 Ways
6. Wang Dang Doodle
7. Hoochie Coochie Man
8. Little Red Rooster
9. I think I Got The Blues
10. My Baby
11. Spoonful
12. Closing Boogie


★Willie Dixon(ウィリー・ディクソン)
ウィリー・ディクスンは、1915年ミシシッピ州ヴィックスバーグ出身。1940年代初めにシカゴに移住し、ザ・ビッグ・スリー・トリオのベーシストとして活動。1947年「Ebony Rhapsody」など多くのシングルをリリース。1951年にバンド解散後は、チェス・レコードで、プロデューサー、コンポーザー、ベーシストとして働き始める。1954年、彼の楽曲「フーチー・クーチー・マン」をマディ・ウォーターズが歌い大ヒット。以後、ハウリン・ウルフ「スプーンフル」、サニー・ボーイ・ウィリアムスンII「ブリング・イット・オン・ホーム」、リトル・ウォルター「マイ・ベイブ」、オーティス・ラッシュ「アイ・キャント・クイット・ユー、ベイビー」、バディ・ガイ「クレイジー・ラヴ」など数えきれない名曲を生み出してゆく。プレイヤーとしては、メンフィス・スリムとの共同名義で1960年『Willie's Blues』などを、ソロ名義でも1969年『I Am The Blues』など数枚をリリースした。1984年にはブルース・ヘヴン・ファウンデーションを設立するなどブルース界に貢献するも1992年76歳で死去。

★関連商品:同時リリース!
BSMF-7607 マディ・ウォーターズ / マディ・ウォーターズ・デイ: ライヴ・アット・ポールズ・モール、ボストン 1976 + ライヴ・イン・ニューポート 1960 (2CD)


この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける