Monk Higgins / Extra Soul Perception (2018/8)
型番 BSMF-7562
定価 2,400円(税込2,592円)
販売価格

2,400円(税込2,592円)

購入数


BSMF-7562 モンク・ヒギンズ / エキストラ・ソウル・パーセプション

ボビー・ブランドやエタ・ジェームス等、多くのアーチストのプロデューサー、コンポーザーとして活躍してきたサックス奏者、モンク・ヒギンズによる1968年のソウル・ジャズの名盤がリマスターされ初CD化!ジーン・ハリスに書いた「ザ・ルック・オブ・スリム」など完成度の高いオリジナルを中心に、お馴染みハービー・ハンコックの名曲「ウォーターメロン・マン」などを野太いサックスでブロウ!ギターにアーサー・アダムス、ドラムにジョン・ゲリン、トランペットにトム・スコットなどLAの一流セッションマンが参加。



1. Extra Soul Perception
2. The Look Of Slim
3. A Good Thing
4. Watermelon Man
5. Straight Ahead
6. Canadian Sunset
7. Collision In Black
8. Just Around The Corner
9. Little Green Apples
10. Poker Chips
11. Sittin' Duck
12. Doing It To Deff

Monk Higgins (モンク・ヒギンズ)
モンク・ヒギンズこと、ミルトン・ブランドは1930年アーカンソー州出身。州立大学卒業後、様々な仕事に就くも、離婚を機に、シカゴの音楽大学に進む。サックス奏者としては勿論、コンポーザー、アレンジャー、プロデューサーとして、ジャズ、R&Bの世界で活動を始める。60年代には、チェスのセッションマンとしてバディ・ガイ、エタ・ジェームス等、多くのアルバムに参加。そして66年のデビューシングル「Who-Dun-It?」がスマッシュヒット。数枚のシングルを発表後、LAに移住。そして、68年に1stアルバム『Extra Soul Perception』を、同年、ダンヒルより2nd『Mac Arthur Park』をリリース。ジーン・ハリスの68年『Elegant Soul』 等にもプロデューサーとして参加。その後もコンスタントに72年『Heavyweight』、74年『Dance to the Disco Sax』(収録曲「One Man Band」は多くのDJにサンプリング使用)など発表。70年代終りからは、ボビー・ブランドの多くの作品でプロデューサーとして活躍するも86年死去。
この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける