ブルース&ソウル・ミュージック・ファクトリー

Joe Simon - Nine pound Steel: The Best Of (3CD)(2022/04/29発売) BSMF-7661

4,300円(税込4,730円)

定価 4,300円(税込4,730円)

購入数
★BSMF-7661 ジョー・サイモン / ナイン・パウンド・スティール:ザ・ベスト・オブ (3CD)
4546266218682

追悼盤!60年代から70年代にかけてシーンのトップを走り続け、2021年12月13日に惜しくも亡くなった稀代のソウル・シンガー、ジョー・サイモンが1966年から1970年まで在籍したナッシュビルのレーベル、Sound Stage 7に残した『Simon Pure Soul(1966)』、『Simon Sings(1968)』、『The Chokin' Kind(1969)』など5枚のアルバムからほぼ全ての楽曲を年代順に収録。さらにシングル曲やB面曲なども追加収録したファン必聴の全61曲。





DISC 1
1. TOO MANY TEARDROPS
2. TRAVELIN’ MAN
3. NOBODY BUT YOU
4. MY SPECIAL PRAYER
5. WHAT MAKES A MAN FEEL GOOD
6. THAT’S ALL I WANT (FROM YOU)
7. TEENAGER’S PRAYER
8. THE GIRL’S ALRIGHT WITH ME
9. LONG HOT SUMMER
10. WHEN A MAN LOVES A WOMAN
11. MISS YOU SO
12. TOO MANY RIVERS
13. (YOU KEEP ME) HANGIN’ ON
14. NO SAD SONGS
15. I WORRY ABOUT YOU
16. NINE POUND STEEL
17. PUT YOUR TRUST IN ME (DEPEND ON ME)
18. IN THE SAME OLD WAY
19. CAN’T FIND NO HAPPINESS
20. COME ON AND GET IT

DISC 2
1. MISTY BLUE
2. IT’S TOO LATE
3. STANDING IN THE SAFETY ZONE
4. IN REACH OF YOUR ARMS
5. I’M GOING HOME
6. TWINKLE
7. DREAMIN’
8. LOOKING BACK
9. FUNNY HOW TIME SLIPS AWAY
10. SHE WENT A LITTLE BIT FARTHER
11. BABY, DON’T BE LOOKING IN MY MIND
12. (SITTIN’ ON THE) DOCK OF THE BAY
13. LITTLE GREEN APPLES
14. LONELY MAN
15. THE CHOKIN’ KIND
16. YOURS LOVE
17. HELP YOURSELF (TO ALL MY LOVIN’)
18. WICHITA LINEMAN
19. DON’T LET ME LOSE THE FEELING
20. I’M TOO FAR GONE TO TURN AROUND
21. IN THE STILL OF THE NIGHT (I’LL REMEMBER)

DISC 3
1. SILVER SPOONS AND COFFEE CUPS
2. IT’S HARD TO GET ALONG
3. IN THE GHETTO
4. I GOT A WHOLE LOT OF LOVIN’
5. WOUNDED MAN
6. TIME AND SPACE
7. STRAIGHT DOWN TO HEAVEN
8. WHEN
9. AFTER THE LIGHTS GO DOWN LOW
10. SAN FRANCISCO IS A LONELY TOWN
11. RAINBOW ROAD
12. JUST A DREAM
13. MOON WALK PART I
14. MOON WALK PART II
15. FARTHER ON DOWN THE ROAD
16. THAT’S THE WAY I WANT OUR LOVE
17. WHO’S JULIE
18. SOMEONE TO LEAN ON
19. TODAY I STARTED LOVING YOU AGAIN
20. OON-GUELA (HIGH LIFE) PART I


★Joe Simon(ジョー・サイモン)
ジョー・サイモンは1943年ルイジアナ州シムズポートに生まれる。幼い頃から父の教会でゴスペルを歌って音楽に親しみ、50年代後半に家族はリッチモンドに移住。ゴールデン・ウェスト・ゴスペル・シンガーズに加入し、59年にゴールデン・トーンズ名義でHushから「Little Island Girl」を発表。64年ソロとしてVee-Jayから発表した「My Adorable One」がキャッシュボックスR&Bチャートで8位を記録。翌年発表の「Let's Do It Over」もビルボードR&Bチャートの13位し、それ以降もヒットを連発する。66年ナッシュビルのSound Stage 7に移籍し69年の「The Chokin' Kind」ではグラミー賞も受賞。70年代にはギャンブル&ハフをプロデューサーに起用して、フィリーソウルを展開。その後、時流に乗ってディスコサウンドにも転向するが、80年代以降は自身のルーツに立ち戻り、キリスト教の司教となってゴスペルの作品を発表。彼の楽曲は、ボズ・スキャッグスやB.B.キング、アウトキャスト、リル・キムなど多くのアーティストにカバー、サンプリングされている。


★関連商品



おすすめ商品