ログイン
はじめてのお客様へ 新規会員登録はこちら
カートの中身を見る

» カートの中身を見る


名前

キャプテンブルース(Masato Nishimura)

メモ

以前からやりたかった、ブルースレーベル柄を中心としたTシャツ・グッズの販売をはじめました! 発売後、大変ご好評いただき嬉しい限りです。 今後も色々な種類を仕入れていきたいと思っておりますが、どうしてもサイズや色をすべて揃えることができません。 そこで、お客様のリクエストをお受けしようと思います。(ページ右上の「お問合せ」よりメールでリクエストしてください!)宜しくお願いいたします。

BSMF RECORDSのFacebook、Twitter、YouTubeチャンネルもございます。是非ともフォローしてご覧ください!


グラミー2019 ノミネート作品
ブルース・ミュージック・アワード2019 ノミネート作品
Eric Bibb キャンペーン
メルマガ登録・解除はこちら
Greg Ward Presents Rogue Parade / Stomping Off From Greenwood (2019/2)
型番 BSMF-5062
定価 2,400円(税込2,592円)
販売価格

2,400円(税込2,592円)

購入数


BSMF-5062 グレッグ・ウォード・プレゼンツ・ローグ・パレード / ストンピング・オフ・フロム・グリーンウッド

昨年、新世代ジャズの鬼才ドラマー、マカヤ・マクレイヴンの来日にも同行し、共に現在のシカゴ・ジャズを牽引するサックス奏者、グレッグ・ウォードによる4枚目のリーダー作。前作のビッグバンドとは違い、今回はシカゴの気鋭ミュージシャンを集めた新バンド、ローグ・パレードとしてのリリース。NYの人気トランペッター、デイヴ・ダグラスをプロデューサーに迎え、ツインギターのユニークな編成のクインテットでコンテンポラリーなジャズ/フュージョンを聴かせる。オリジナルを中心に、スタンダード「Stardust」なども収録。





1. Metropolis
2. Excerpt 1
3. The Contender
4. The Fourth Reverie
5. Let Him Live
6. Black Woods
7. Pitch Black
8. Stardust
9. Sundown

Greg Ward (グレッグ・ウォード)
グレッグ・ウォードは、1982年イリノイ州ピオリア生まれのサックス奏者。大学2年の頃からシカゴのジャズクラブで演奏をはじめると、すぐにフリージャズの重鎮サックス奏者フレッド・アンダーソンの目に留まり、自身が経営する名門クラブThe Velvet Loungeのセッションホストに抜擢される。2004年、大学を卒業後、シカゴ交響楽団のために曲を書きはじめ、オ-ケストラにも参加する。2009年、ニューヨークに移住。翌年、Greg Ward’s Fitted Shards名義で初のリーダー作『South Side Story』を発表。アメリカの中西部の主要新聞シカゴトリビューンのレコーディング・オブ・ジ・イヤーに選ばれる。続く、2011年にはロバート・グラスパートリオのドラマー、ダミオン・リードを迎えたセカンドアルバム『Greg Ward's Phonic Juggernaut』を発表。これまで、ロン・カーターやウィリアム・パーカーなどのジャズアーティストだけでなく、ルーペ・フィアスコやトータス、プレフューズ73など様々なジャンルのアーティストと共演歴がある。
この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける