ログイン
はじめてのお客様へ 新規会員登録はこちら
カートの中身を見る

» カートの中身を見る


名前

キャプテンブルース(Masato Nishimura)

メモ

以前からやりたかった、ブルースレーベル柄を中心としたTシャツ・グッズの販売をはじめました! 発売後、大変ご好評いただき嬉しい限りです。 今後も色々な種類を仕入れていきたいと思っておりますが、どうしてもサイズや色をすべて揃えることができません。 そこで、お客様のリクエストをお受けしようと思います。(ページ右上の「お問合せ」よりメールでリクエストしてください!)宜しくお願いいたします。

BSMF RECORDSのFacebook、Twitter、YouTubeチャンネルもございます。是非ともフォローしてご覧ください!


ブルース・ミュージック・アワード2019 ノミネート作品
Eric Bibb キャンペーン
T Shirts SIZE表
グラミー2020 ノミネート作品
メルマガ登録・解除はこちら
<LP>The Paul Butterfield Blues Band / Got A Mind To Give Up Living - Live 1966 (2020/01入荷)
型番 LP-BSMF-7522
定価 4,200円(税込4,620円)
販売価格

4,200円(税込4,620円)

在庫数 在庫 1 枚 売切れ間近!
購入数


BSMF-7522 ポール・バターフィールド・ブルース・バンド / ガット・ア・マインド・トゥ・ギヴ・アップ・リヴィング - ライブ 1966(輸入2LP: Yellow&Green Vinyl / REAL GONE / 限定2000枚:レコード・ストア・デイ - BLACK FRIDAY)

ポール・バターフィールドB.B.による2NDアルバムにして代表作『East-West』リリース直前の1966年春、マイク・ブルームフィールド在籍時の貴重なライブ音源が正規リマスター盤として初リリース!粗削りだが若さ爆発のエネルギッシュでインプロビゼーショナルなプレイは、その後のアメリカのロックの歴史に大きな影響を与えた!貴重な蔵出し写真や当時のメンバー、エルヴィン・ビショップ、マーク・ナフタリンによる解説が付き、未発表曲「Comin’Home Baby」、「Memory Pain」なども収録。



SIDE A
1. Instrumental Intro
2. Look Over Yonders Wall
3. Born in Chicago
4. Love Her with a Feeling
5. Get Out of My Life, Woman

SIDE B
1. Never Say No
2. One More Heartache
3. Work Song

SIDE C
1. Coming Home Baby
2. Memory Pain
3. I Got a Mind to Give Up Living
4. Walking by Myself

SIDE D
1. If You See My Baby*
2. Danger Zone*
3. In the Midnight Hour*
4. You’re So Fine*
5. Got My Mojo Working

*--Unreleased Tracks


★Paul Butterfield Blues Band(ポール・バターフィールド・ブルース・バンド)

ポール・バターフィールド・ブルース・バンドは、1963年シカゴでハーモニカのポール・バターフィールドとギタリスト、エルヴィン・ビショップが中心となり結成された白人ブルース・バンド。その後、天才ギタリスト、マイク・ブルームフィールドをメンバーに加え、エレクトラ・レコードと契約。1965年7月にニューポート・フォーク・フェスティバルに出演し衝撃を与える。さらにフェスに出演していたボブ・ディランのバックを急遽務め、さらに話題となる。同年、デビューアルバム『The Paul Butterfield Blues Band』を発表。翌1966年7月、セカンド『East-West』を録音、翌月発売。アルバムは彼らの代表作となり人気を決定づけるも、ブルームフィールドが脱退し、第一期黄金期を終える。本作は、まさにそんなブルームフィールド在籍時の1966年春にボストンはユニコーン・コーヒー・ハウスで行われた貴重なライブなのだ。1st、2ndの収録曲を中心に未発表曲も演奏されている。過去にブートレッグが出回っていたが、現在は入手困難のため、今回ファンとしては待望の正規盤リリースとなる。

Paul Butterfield - harp, vocals
Mike Bloomfield - guitar
Elvin Bishop - guitar
Mark Naftalin - keyboard
Jerome Arnold - bass
Billy Davenport - drums

★関連作品
1972年の隠れた名盤!マイク・ブルームフィールドとニック・グレイヴナイツが書き下ろした同名映画サントラ。
ゲストにマリア・マルダー、ポール・バターフィールドらが参加。まさに往年のウッドストック・サウンド。
BSMF-7516 Mike Bloomfield and Nick Gravenites / Steelyard Blues(Soundtrack)





この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける