Mike Bloomfield and Nick Gravenites / Steelyard Blues (Soundtrack) (2015/08)
型番 BSMF-7516
定価 2,500円(税込2,700円)
販売価格

2,500円(税込2,700円)

SOLD OUT

BSMF-7516 マイク・ブルームフィールド&ニック・グラヴェナイツ / スティールヤード・ブルース(サウンド・トラック)
現在入手困難となっている1972年の隠れた名盤『スティールヤード・ブルース』が再発売!なんとマイク・ブルームフィールドとニック・グレイヴナイツが書き下ろした同名映画サントラながら、ブルース、カントリー等のアメリカーナ・アルバムとして十分に高い完成度を持つアルバム。ゲストにマリア・マルダー、ポール・バターフィールド、アニー・サンプソン、メリエ・サンダースらが参加。まさに往年のウッドストック・サウンドが蘇る。





1. Swing with It
2. Brand New Family
3. Woman’s Love
4. Make the Headlines
5. Georgia Blues
6. My Bag (the Oysters)
7. Common Ground
8. Being Different
9. I’ve Been Searching
10. Do I Care
11. Lonesome Star Blues
12. Here I Come (There She Goes)
13. If You Cared
14. Theme from Steelyard Blues (Drive Again)


★『スティールヤード・ブルース』は、1972年ジェーン・フォンダ、ドナルド・サザーランド主演のコメディ映画のサントラ盤。ニック・グレイヴナイツがプロデュースを担当し、ほとんどの曲をマイク・ブルームフィールドと共作したアメリカーナサウンドを聴かせる名盤だ。参加ミュージシャンが実に豪華。エレクトリック・フラッグのヴォーカリストとして活躍し、ポール・バターフィールドやジャニス・ジョップリンの名曲を作ったコンポ ーザーでもあるニック・グラヴェナイツ。ポール・バターフィールド・ブルース・バンド、エレクトリック・フラッグ、アル・クーパーとの『スーパー・セッション』など名盤を残したギタリスト、マイク・ブルームフィールド。そして彼らとも若い頃から親交の深い名ハーモニカ・プレイヤーのポール・バターフィールド。ジェフ&マリアやソロとして名曲「真夜中のオアシス」を大ヒットさせたシンガー、マリア・マルダー。70年代にサンフランシスコの大所帯バンド、ストーングラウンドで活躍した黒人シンガー、アニー・サンプソン。ジェリー・ガルシアのサイドプロジェクトのオルガン奏者、メリエ・サンダースなど多数参加。

この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける