ブルース&ソウル・ミュージック・ファクトリー

<LP>The Taj Mahal Sextet - Swingin' Live At The Church In Tulsa (輸入アナログ盤・カラーヴァイナル) (2024/03/25 発売) LRR-7039

4,500円(税込4,950円)

定価 4,500円(税込4,950円)

在庫状況 在庫 1 枚 売切れ間近!

購入数
★LRR-7039 ザ・タジ・マハール・セクステット / スウィンギン:ライブ・アット・ザ・チャーチ・イン・タルサ
(輸入2枚組LP:Gold Swirl Vinyl / Lightning Rod Records / LRR-7039 / 607396703913)

★こちらの商品は輸入盤LPで、日本語解説は付いておりません。配送方法も宅急便のみとなります。

レジェンド、タジ・マハールの故レオン・ラッセルの本拠地として知られるタルサ・スタジオで録音された最新スタジオ・ライブ!バックバンドは、ベーシストのビル・リッチ、ドラマーのケスター・スミス、ギタリスト兼ハワイアン・ラップ・スティール奏者のボビー・インガノなどレギュラー・カルテットにドブロ奏者のロブ・アイクス、ギタリスト兼ボーカリストのトレイ・ヘンズリーを加えたセクステット。そしてギタリスト兼ボーカリストのトレイ・ヘンズリー。 ブルースをベースに、レゲエ、ラテン、R&B、ケイジャン、カリブ海、ゴスペル、西アフリカ、ジャズ、カリプソ、ハワイアンなど様々な音楽スタイルで聴かせる!




Side A
1. Betty and Dupree
2. Mailbox Blues
3. Queen Bee

Side B
1. Lovin' In My Baby's Eyes
2. Waiting For My Papa To Come Home
3. Slow Drag

Side C
1. Sitting On Top Of The World
2. Twilight In Hawaii

Side D
1. Corrina
2. Mean Old World


★Taj Mahal(タジ・マハール)
タジ・マハールことヘンリー・セントクレア・フレデリックスは、1942年ニューヨーク出身。音楽一家に生まれ、幼い頃から様々な楽器を習得。60年代初めにマサチューセッツ大学で農業を学びながらタジ・マハールの名前で音楽活動を始める。64年ロサンゼルスに移住し、ライ・クーダーらとライジング・サンズを結成。66年コロンビアからシングル「Candy Man」を発表し、アルバムも制作するが発売されず(92年にリリース)、バンドは解散。その後ソロとして活動を開始し、ギタリストのジェシ・エド・デイヴィス擁するバンドをバックに68年『Taj Mahal』、『The Natch'l Blues』を、69年には2枚組『Giant Step/De Ole Folks at Home』を発表し高い評価を受ける。その後もブルースだけでなく、レゲエ、ケイジャン、ゴスペル、ハワイ、カリブ、アフリカといったワールドなルーツ・ミュージック・アルバムをリリースし続け、97年『Senor Blues』、2018年『TajMo』などでグラミー他多くの音楽賞を獲得。唯一無二の存在として多くのミュージシャンに影響を与え続けてきた。


★関連商品

BSMF-2819 タジ・マハール/サヴォイ



おすすめ商品