ログイン
はじめてのお客様へ 新規会員登録はこちら
カートの中身を見る

» カートの中身を見る


名前

キャプテンブルース(Masato Nishimura)

メモ

以前からやりたかった、ブルースレーベル柄を中心としたTシャツ・グッズの販売をはじめました! 発売後、大変ご好評いただき嬉しい限りです。 今後も色々な種類を仕入れていきたいと思っておりますが、どうしてもサイズや色をすべて揃えることができません。 そこで、お客様のリクエストをお受けしようと思います。(ページ右上の「お問合せ」よりメールでリクエストしてください!)宜しくお願いいたします。

BSMF RECORDSのFacebook、Twitter、YouTubeチャンネルもございます。是非ともフォローしてご覧ください!


ブルース・ミュージック・アワード2019 ノミネート作品
Eric Bibb キャンペーン
T Shirts SIZE表
グラミー2020 ノミネート作品
映画「メイキング・オブ・モータウン」 
メルマガ登録・解除はこちら
2020年1月リリース
並び順を変更[ おすすめ順 |価格順 |新着順 ]

2,950円(税込3,245円)

彼の最後のコンサートとなったロンドンの老舗ジャズクラブ、ロニー・スコッツで行われた1986年11月19日と20日の公演を収めたライブが2枚組のコレクターズ盤として登場!

2,400円(税込2,640円)

ゲイリー・ノヴァク、スコット・キンゼイ、ティム・ルフェーブルによるニュープロジェクト。ゲストに、マイケル・ランドウ、ジェイソン・リンドナー、コカイなどを迎え、幅広い音楽が混然一体となったミクスチャー・サウンドを聴かせる。

2,400円(税込2,640円)

ここ数年で目まぐるしく様々なバンドでアルバムをリリースしてきたギリシャのワーカホリック・ギタリスト、スタヴロス・パパドポウロスの新たなるミッション・・・それが、ロリー・ギャラガーへのトリビュート、シャドウプレイ・プロジェクトなのだ!

2,950円(税込3,245円)

オールマン・ブラザーズ・バンドの大いなる遺産を真っ向から継承する、オランダの若きブルース&サザン・ロック・バンド、ライフ・デ・レオ・バンドが、ド直球のトリビュート・アルバムを2枚組でリリース!

2,200円(税込2,420円)

1973年、リターン・トゥ・フォーエヴァーが、スタンリー・クラーク、スティーヴ・ガッド、ミンゴ・ルイス、ビル・コナーズ)の5人体制で行った、ジャズ・ワークショップでのライブの模様を収めた、ラジオ放送用サウンドボード音源。

2,200円(税込2,420円)

2008年、コロラドで毎年行われる伝統ある音楽祭、テルライド・ジャズ・フェスティバルでの熱いパフォーマンスが、ラジオ放送用サウンドボード音源で蘇る。

2,400円(税込2,640円)

SOLD OUT
ポーランドで毎年行われるサテュロス・ブルース・フェスティバルの2014年に録音された、ギター・スリンガー、マイク・オネスコ率いるブラインドサイド・ブルース・バンドのライブ・アルバム!

2,400円(税込2,640円)

ジュリアン・バードック率いるブルース・ロック・バンド、24ペソスが日本初登場!ブルース、R&B、ジャズ、ロックなど、その多彩な音楽性を卓越したギター・テクニックとハスキー・ヴォイスで存分に聴かせた5thアルバムだ。

2,400円(税込2,640円)

ウェストコーストのカントリー・ロック・アーティスト達が、すでに亡くなってしまった象徴的なミュージシャンの楽曲を歌ったトリビュート盤が『トゥルー・ヴォイセズ』だ。現在入手困難なそのアルバムに6曲を追加収録して再発売!

2,750円(税込3,025円)

コリン・リンデン、キャシー・フィンクなどが参加したスウィンギーなアコースティック・ジャズ&ブルースを22曲(完全未発表音源)。さらにボーナスDVDには、2005年にTV放映された彼のドキュメンタリー番組も収録。

2,400円(税込2,640円)

NYベースのジャズファンクバンド、ホーン・エレクトリック・バンドがジョン・スコフィールド、クリス・ポッター、ダニー・マッキャスリンらを迎えたデビューアルバムをRopeadopeよりリリース。

2,400円(税込2,640円)

セッション・ギタリストとしてオージェイズなど有名バンドのプロデューサーを数多く務め、遅咲きながらソロデビュー以後は期待度NO1ブルースマンとして活躍するザック・ハーモンの4年ぶり7作目!

2,400円(税込2,640円)

ストーンズ、ディランなど、錚々たるアーティストと共演してきたハーモニカ界の異端児、シュガー・ブルーが、ブルース、ファンク、フォーク、ゴスペル、ロックと、実に多彩な音楽性を聴かせた3年ぶりのアルバム!
前のページ | 次のページ