SSW, FOLK, ACOUSTIC
並び順を変更[ おすすめ順 |価格順 |新着順 ]

3,700円(税込3,996円)

ワーナー・ブラザースと契約してリリースした3枚の名盤をリマスターして2CDに完全収録。さらに、貴重なフル・バンドでの未発表ライブ映像を1時間も収録したDVD付。

2,400円(税込2,592円)

実力派フィドラーにしてニューグラス・シーンの旗手、マイク・バーネットが今まで積み重ねてきた経験を形にした渾身のセカンド・アルバム!驚くべき豪華ゲストが多数参加!

1,950円(税込2,106円)

2017年、弱冠24歳にして女性初のIBMAのギター・プレイヤー・オブ・ジ・イヤーを受賞した天才モリ―・タトルのデビューソロ・ミニアルバム!

2,400円(税込2,592円)

SOLD OUT
「グレイト・ルーツ・クリスマス」第7弾は、1947年から1963年までのカントリーとブルーグラスの楽曲をコンパイル!ビル・モンロー、スタンレー・ブラザーズによるブルーグラスや、ハンク・スノウ、ジョージ・ジョーンズのカントリー・ナンバーなど、初CD化の楽曲を含む29曲も大量収録。

2,400円(税込2,592円)

今までフォーク、カントリー、ゴスペル、ロカビリーなど様々なアメリカーナ・ミュージックへの飽くなき探究心を形にしてきたイーリン・ジュエルが、今回選んだテーマは、ブルース!

2,400円(税込2,592円)

オールド・クロウ・メディスン・ショーやデイヴ・ローリングス・マシーンのメンバーとして活動してきた、才能あふれるシンガー・ソングライター、ウィリー・ワトソンのデビュー・ソロ・アルバム。

2,400円(税込2,592円)

50年代のカントリー&ウェスタン映画から飛び出たような、ご機嫌なホンキートンク・ミュージックを聴かせるスウィートバック・シスターズが、エミリー&ザラ、2人の看板女性シンガーの結婚、出産という休止期間を経て、完全復活!

2,400円(税込2,592円)

SOLD OUT
グラミーを初め多くの賞を獲得するカントリー&ブルーグラス界のスター、ジム・ローダーデールの29枚目となる最新作!

2,400円(税込2,592円)

オールド・クロウ・メディスン・ショーやデイヴ・ローリングス・マシーンのメンバーとして活動してきた、才能あふれるシンガー・ソングライター、ウィリー・ワトソンによるセカンド・ソロ!

2,400円(税込2,592円)

レジェンド、ダン・ペンをプロデューサーに迎えた、AJクロウチによる渾身のソウル・アルバム!バックには、スティーヴ・クロッパーなどの凄腕が完璧にサポート。

2,400円(税込2,592円)

ドクター・ジョン、ルーサー・ディッキンソンなど錚々たるアーチストとの共演で知られるシンガー・ソングライター、シャノン・マクナリーの強力作!

2,400円(税込2,592円)

マムフォード・アンド・サンズやボン・イヴェール、デイヴ・マシューズなどを彷彿とさせ、さらに60年代の懐かしさを感じさせるフォーク・ロック・バンド、ザ・コレクションによるセカンド・アルバム!

2,400円(税込2,592円)

バーズやCSNなどのウェストコースト・フォーク・ロックを継承するバンド、ゴスペルビーチによるセカンド・アルバム!

2,400円(税込2,592円)

NYの敏腕プロデューサーにしてシンガーソングライター&ピアニストのケニー・ホワイトが4thアルバムで日本初登場!

2,400円(税込2,592円)

LA発!まさに“アメリカーナ”そのものを体現するストリングス&ブラスをフィーチャーした8人組、ダストボウル・リヴァイヴァルの最高傑作!今

1,850円(税込1,998円)

LA発!全米各メディアで話題のアウトロー・カントリーを地で行く“女性版マール・ハガード”、ジェイミー・ワイアットが日本初登場!

2,400円(税込2,592円)

オズボーン・ブラザーズとして50年代からブルーグラス界を牽引してきたレジェンド、ボビー・オズボーンによるソロ作品。プロデュースにアリソン・ブラウン。バックはシエラ・ハル、ティンズレー・エリスなど。

2,400円(税込2,592円)

SOLD OUT
テキサス、オースチンのシンガー・ソングライター、ダーデン・スミスの最新作。心温まる美しい楽曲の数々を優しさ溢れるヴォーカルで聴かせたフォーク・ロック・アルバムだ。

2,400円(税込2,592円)

80年代にメン・アット・ワークとして一世を風靡し、今も多くのミュージシャンから尊敬を受ける稀代のメロディメーカー、コリン・ヘイによるニュー・アルバム!

2,400円(税込2,592円)

カナダのシンガー・ソングライター、ローズ・カズンズの5年ぶりとなる最新作にしてグラミー受賞プロデューサーのジョー・ヘンリーが手掛けた最高傑作!
前のページ | 次のページ