Sue Barker / Sue Barker (Expanded Edition) (2017/03)  
型番 BSMF-7528
定価 2,400円(税込2,592円)
販売価格

2,400円(税込2,592円)

購入数


BSMF-7528 スー・バーカー / スー・バーカー(エクスパンデッド・ヴァージョン)

名盤再発掘シリーズ!
フリー・ソウル・マニア必聴!オーストラリアの実力派ジャズ・ソウル・シンガー、スー・バーカーが1976年に唯一リリースした貴重なアルバムがリマスターされ初CD化(未発表3曲収録)!マリーナ・ショウを彷彿とさせる歌声でファンキー&メローなサウンドを聴かせた名盤。カーティス・メイフィールド、マーヴィン・ゲイ、アレサ・フランクリンなどのソウルからデューク・エリントン、ビリー・ホリデイなどのジャズ、ラスカルズ、ローリング・ストーンズなどのロックまで、誰もが知るナンバーを見事にアレンジ。





1. How Sweet It Is
2. You Stepped Out Of A Dream
3. Do Nothing Till You Hear From Me
4. Love To The People
5. Groovin’
6. I Heard It Through The Grapevine
7. 6345789
8. Lover Man
9. What’s Going On
10. Think
-Bonus Track: Previously Unreleased^
11. Zimbabwe
12. Half Moon
13. You Can’t Always Get What You Want


★Sue Barker(スー・バーカー)
スー・バーカーの経歴は謎に包まれている。しかし、数少ない資料によると、オーストラリア、アデレード出身の彼女は10代の頃から地元からシドニーを行き来して“Cumberlands”など様々なバンドをバックに歌っていたという。1970年代の初めに、The Onionsをバックに本格的に歌い始める。オニオンズは、ジャズやソウルに影響された若きミュージシャン達のバンドでアデレードのクラブやローカルのTVなどでも活躍していた。なんとか彼女の素晴らしい歌を残したいオニオンズは、クレスト・レコーズに働きかけ、ようやく1976年にこのアルバムを3日間で録音しリリースまでこぎつける。しかし、財政的にも困窮していたレーベルは十分なプロモーションを行うことができず、アルバムはほとんど売れなかったという。残念ながら、その後は、家族の不幸もあり、アルバムのリリースもなく音楽シーンから消えてしまう。しかし、2013年にオーストラリアのネットラジオ番組(ポッドキャスト)で彼女とThe Onionsのベーシスト、Geoff Klukeへのインタビュ―が行われており、実際の肉声も残っているので、今も彼女は健在のようだ。



この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける