Johnny Fuller & The Phillip Walker Band / Fuller's Blues (2016/07)
型番 BSMF-7022
定価 2,400円(税込2,592円)
販売価格

2,400円(税込2,592円)

購入数


BSMF-7022 ジョニー・フラー&ザ・フィリップ・ウォーカー・バンド / フラーズ・ブルース

名盤再発掘シリーズ!50年代にサンフランシスコのベイエリアを中心に活躍し、多くのヒット曲(「Haunted House」など)を生み出した伝説のウェストコースト・ブルース・ギタリスト、ジョニー・フラーが1974年にフィリップ・ウォーカーと彼のバンドをバックに録音した唯一のアルバムが、奇跡の初CD化!ブルース、ゴスペル、R&B、ロックンロールなど様々なジャンルを熟すフラーのまさに真骨頂だ。ディープなブルースで聴かせるギターやバラードでのテナー・ヴォイスは絶品。黒人ブルース・ファン必聴!





1. Tin Pan Alley
2. Fools Paradise
3. Strange Land
4. 1009 Blues
5. You Got Me Whistling
6. But Bruce
7. Bad Luck Overtook Me
8. Hard Luck Blues
9. Crying Wont Make Me Stay
10. Miss You So
11. A Good Letting Alone
12. Mercy, Mercy


★Johnny Fuller(ジョニー・フラー)
ジョニー・フラーは、1929年ミシシッピ州エドワーズ出身。1945年にカリフォルニア州ヴァレーホに移り、サンフランシスコのベイエリアを中心にゴスペル、ブルース、R&B、ロックンロールなど様々なジャンルで活躍。48年にJaxysonに初録音。その後50年代にはウェストコースト中心とする様々なレーベル(Specialty、Imperial、Checkerなど)で多くのシングルを発表。代表曲「Haunted House(58年)」(作者のボブ・ゲディンズとしばしば仕事をしている)は、64年にジャンピン・ジーン・シモンズによってカヴァーされヒット。50年代後半になると当時最先端のポール・アンカのようなロックンロール・スタイルにシフトするも今までの黒人のファンを失い、活動は失速。そんな中、74年にオーストラリアの小さなレーベル、ブルースメイカーのオファーで初のアルバム『フラーズ・ブルース』 を録音。サンフランシスコ・ブルース・フェスにも73年、77年と出演し話題となるも成功には至らずシーンから遠ざかる。その後は車の修理工として働き、1985年癌のため56歳という若さで亡くなっている。


★関連作品
名盤再発掘シリーズ







この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける