ログイン
はじめてのお客様へ 新規会員登録はこちら
カートの中身を見る

» カートの中身を見る


名前

キャプテンブルース(Masato Nishimura)

メモ

以前からやりたかった、ブルースレーベル柄を中心としたTシャツ・グッズの販売をはじめました! 発売後、大変ご好評いただき嬉しい限りです。 今後も色々な種類を仕入れていきたいと思っておりますが、どうしてもサイズや色をすべて揃えることができません。 そこで、お客様のリクエストをお受けしようと思います。(ページ右上の「お問合せ」よりメールでリクエストしてください!)宜しくお願いいたします。

BSMF RECORDSのFacebook、Twitter、YouTubeチャンネルもございます。是非ともフォローしてご覧ください!


ブルース・ミュージック・アワード2019 ノミネート作品
Eric Bibb キャンペーン
T Shirts SIZE表
グラミー2020 ノミネート作品
メルマガ登録・解除はこちら
<予約受付中> Bill Laurance Trio / Live at Ronnie Scott's (2020/2/26 発売予定)
型番 BSMF-5088
定価 2,400円(税込2,640円)
販売価格

2,400円(税込2,640円)

購入数


<予約受付中>2020年2月26日発売予定 会員登録後ログインすれば10%OFF!
予約受付は発売日3日前まで、商品は入荷次第発送いたします。
入荷が遅れる際はご連絡いたします。その場合のみキャンセルしていただくことが可能です。


BSMF-5088 ビル・ローレンス・トリオ / ライブ・アット・ロニー・スコッツ

スナーキー・パピーのメンバーとして複数のグラミー賞を受賞し、ソロとしてもファーストアルバム『Flint』(2014年)で、iTunesのジャズチャート1位を獲得したピアニスト、ビル・ローレンスによる2020年最新ライブアルバムが登場。地元ロンドンの老舗ジャズクラブ、ロニー・スコッツで行われた2018年公演の模様を収録。過去のアルバムから選曲したオリジナルナンバー9曲を、ジョナサン・ハーヴェイ(Ba)、マリユス・アレクサ(Dr)と共にアコースティックトリオのアレンジで聴かせる。



1. Chia
2. Swag Times
3. The Pines
4. The Good Things
5. Golden Hour
6. Red Sand
7. Madeleine
8. Never-Ending City
9. The Real One

Bill Laurance (ビル・ローレンス)
ビル・ローレンスは、ロンドンをベースに活動するフュージョン/ジャズピアニスト。1981年に生まれ、幼い頃はクラシックピアノのレッスンを受ける。14歳頃から早くも国際的なフェスティバルに出演するなどプロとしての活動を開始し、リーズ大学に進んでクラシックの作曲を学ぶ傍ら、ジャズやファンク、ドラムンベースなども探求して音楽の幅を広げた。2004年、スナーキー・パピーに創設メンバーとして参加。翌年、『Live at Uncommon Ground』でデビューし、2013年にレイラ・ハサウェイをフィーチャーした「Something」で、グラミーの最優秀R%Bパフォーマンスを受賞する。ソロとしては、2014年にGroundUP Musicから『Flint』を発表しデビュー。iTunesのジャズチャートで1位を獲得し、ガーディアン紙から「ジャズマエストロ」と絶賛されて話題になる。その後もコンスタントにアルバムを発表し、2019年には自身が設立したレーベル、Flint Musicから5枚目のソロアルバム『Cables』を発表する。
この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける