Henry Gray & Bob Corritore / The Sessions Vol.1 : Blues Won't Let Me Take My Rest (2015/07)
型番 BSMF-2461
定価 2,400円(税込2,592円)
販売価格

2,400円(税込2,592円)

在庫数 在庫 1 枚 売切れ間近!
購入数


BSMF-2461 ヘンリー・グレイ&ボブ・コリトー/セッションズ・ヴォリューム1
シカゴ・ブルース黄金期を支えてきた御年90歳にして生きる伝説のピアニスト、ヘンリー・グレイと、数々のセッションで多くのブルースマンをサポートしてきた職人ハーモニカプレイヤー、ボブ・コリトーがタッグを組んで1996年から現在までに録音してきたセッションを集めた名演集(10曲が未発表)。ゲストに、ロバート・ロックウッドJR、ジョン・ブリム、ナッピー・ブラウン、ウィリー・ビックアイズ・スミス、テイル・ドラッガー、デイヴ・ライリーなど多数参加!これを聴かずしてシカゴ・ブルースを語るなかれ!



1. Let's Get High
2. Blues Won't Let Me Take My Rest
3. I'm in Love Again
4. Ramblin' on My Mind
5. Worried Life Blues
6. They Raided the Joint
7. Ride with Your Daddy Tonight
8. Trouble Blues
9. I'm Gonna Miss You
10. That Ain't Right
11. Can't Afford to Do It
12. Boogie Woogie Ball
13. Honey Don't Let Me Go
14. She Don't Move Me No More

★Henry Gray (ヘンリー・グレイ)
ヘンリー・グレイは1925年ルイジアナ出身(現在90歳)のピアニスト。強靭な左手によるウォーキンベースを刻むスタイルで活躍。50年代シカゴ・ブルース全盛期にハウリン・ウルフを始め、ジミー・ロジャース、リトル・ウォルター、ジミー・リード、ボ・ディドリーなどのバックでチェス、ヴィージェイなどに数え切れないほどの録音を残す。1968年になって故郷のルイジアナに戻り、ライブを中心に活動。1988年『ラッキー・マン』などいくらかのソロ作品を発表。

★Bob Corritore(ボブ・コリトー)
ボブ・コリトーは1956年シカゴ出身。70年代の終わりからテイル・ドラッガー、ルイス・マイヤーズ、エディ・テイラーらのバンドに参加。81年にはアリゾナ州フェニックスに移り、ルイジアナ・レッドやビッグ・ピート・ピアソンのバンドで活躍。91年に自らオープンしたクラブ《リズム・ルーム》を拠点に多くのミュージシャンとライブを行い、それらのセッションを集めた初のリーダー作『All-Star Blues Sessions』(99年)をリリース。近年もジョン・プライマーやテイル・ドラッガーなどとの共演作で多くのブルース・ミュージック・アワードを受賞。
この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける