Barry McGuire and The Doctor / S.T. (2018/5)
型番 BSMF-7556
定価 2,400円(税込2,592円)
販売価格

2,400円(税込2,592円)

購入数


BSMF-7556 バリー・マクガイア・アンド・ザ・ドクター / S.T.

60年代前半からニュー・クリスティ・ミンストレルズのヴォーカルとして活躍し、ソロ転向後も「明日なき世界」の大ヒットで知られるバリー・マクガイアが、ザ・ドクターことママス&パパスのギタリスト、エリック・ホードとタッグを組んで1971年にリリースした幻の名盤が初CD化!元ザ・バーズのクリス・ヒルマン、フライン・ブリトー・ブラザースのスニーキー・ピート、イーグルスのバーニー・レドン、さらにトランペットにハーブ・アルパートらが参加して作り上げたジャム感溢れるサイケデリック・カントリー&フォーク。





1. South of the Border
2. The Old Farm
3. Too Much City
4. Train
5. Electric Train
6. Meet Me at the Bottom

Barry McGuire (バリー・マクガイア)
バリー・マクガイアは、1935年オクラホマシティ出身。2歳でカリフォルニア州に移り、16歳で入隊。除隊後は、漁師や配管工などをして生計を立てるが、徐々にバーで歌うことを生業とする。1961年にシングル「The Tree」でデビュー。その後、バリー・ケインとのデュオ、バリー&バリーとして活動。その時出会った大所帯フォークグループ、ニュー・クリスティ・ミンストレルズに誘われ1963年にリードヴォーカルとして加入。ランディ・スパークスと作った「グリーングリーン」が大ヒット。バンドを脱退後、1965年にソロとしてダンヒルよりリリースした「Eve of Destruction(明日なき世界)」が全米ナンバー1となり、世界的にも大ヒット。その後も1965年『This Precious Time』、1967年『The World's Last Private Citizen』とリリースするもヒットには至らず、1971年の本作を最後にクリスチャンシンガーに転身。70年代はコンスタントにアルバムを発表するも、80年代には音楽活動を休止。その後、復活し今も活動を続けている。
この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける