Ilana Katz Katz / Subway Stories (2018/2)
型番 BSMF-2594
定価 2,400円(税込2,592円)
販売価格

2,400円(税込2,592円)

購入数


BSMF-2594 イラナ・カッツ・カッツ/ サブウェイ・ストーリーズ

ゲイト・マウス・ブラウンを彷彿とさせる女性ブルース・バイオリン・プレイヤー、イラナ・カッツ・カッツによる3枚目。オリジナルを中心に、ブルース、アパラチアン・ミュージックのトラディショナル曲をユニークなスタイルで聴かせる。プロデュース&ギターにキャンド・ヒートのメンバーなどで活躍してきたバリー・レヴィンソンを迎え、ゲストにはシュガー・レイ・ノーシャ(ハープ)やアンソニー・ガルシア(ピアノ)などブルースを知りつくしたボストンの重鎮らが参加!ロニー・アールにも認められるストリートで鍛えた実力は本物。

1. Don't Forget
2. Riley And Spencer
3. Subway Blues
4. Motherless Child
5. Poison Days
6. Like A Wino
7. Ice Cream Freezer Blues
8. Requiem
9. Tribute To Slim Harpo
10. The Excuse
11. Road To Nowhere
12. Don't Cross That Line
13. John Brown's Dream-Subway Light Of Mine

★Ilana Katz Katz (イラナ・カッツ・カッツ)
イラナ・カッツ・カッツは、ミュージシャンであり、画家、小説家の顔も持つ多才なアーチスト。ミュージシャンとしてのスタートは、2008年からで、ボストンの地下鉄駅構内でバイオリン1本でのバスキングで実力をつけてゆく。2013年に初めてブルース・ギター・マスターのロニー・アールに認められ、翌2014年の1stアルバム『I’ve Got Something To Tell You』にロニーがゲストとして参加。ブルース、ジャズ、アパラチアン・フォーク・ミュージックなどを取り入れたユニークなサウンドは、メディアからも高い評価を受ける。その後もロニーと共にボストンやNYでライブ・ツアーを行い、多くのミュージシャンとも共演。2015年にはビッグ・シティ・ブルース・マガジンの人気投票でファイナリストに選出。2016年にはバリー・レヴィンソンやボビー・ラドクリフらが参加したセカンド・アルバム『Movin’ On』を発表。2017年にはボストン・ブルース・チャレンジで優勝し、2018年にメンフィスで行われるインターナショナル・ブルース・チャレンジ本選への出演も決定している。
この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける