<予約受付中> Larry Campbell & Teresa Williams / Contraband Love (2018/1/26発売予定)
型番 BSMF-6129
定価 2,400円(税込2,592円)
販売価格

2,400円(税込2,592円)

購入数


<予約受付中>2018年1月26日発売予定 会員登録後ログインすれば10%OFF!
予約受付は発売日3日前まで、商品は入荷次第発送いたします。
入荷が遅れる際はご連絡いたします。その場合のみキャンセルしていただくことが可能です。


BSMF-6129 ラリー・キャンベル&テレサ・ウィリアムス / コントラバンド・ラブ

極上のアメリカーナ・アルバム!ボブ・ディランやリヴォン・ヘルムを初め、数多くのルーツ系アーチストのバックを務めてきたギタリストにしてマルチ・ストリングス・プレイヤー、ラリー・キャンベルと妻テレサ・ウィリアムスとのデュオ2作目。エミルー・ハリスを思わせるテレサと男臭いラリーの歌声が絶妙にマッチ。ラリーの完成度の高いオリジナル曲を中心に、カール・パーキンス、ベッシー・スミス等のカヴァーやウィリアム・ベルとの共作曲を聴かせる。リトル・フィートのビル・ペインや今は亡きリヴォン・ヘルムの参加曲も収録。



1. The Other Side Of Pain
2. Save Me From Myself
3. Hit & Run Driver
4. Contraband Love
5. Three Days in a Row
6. Turn Around
7. When I Stop Loving You
8. It Ain't Gonna Be A Good Night
9. My Sweetie Went Away
10. The Wishing Well
11. Slidin' Delta

★Larry Campbell & Teresa Williams (ラリー・キャンベル&テレサ・ウィリアムス)
ラリー・キャンベルは1955年ニューヨーク出身。ギター、ペダルスチール、マンドリン、フィドル等をこなすマルチプレイヤー。70年代からグリニッジ・ヴィレッジで様々なアーチストのバックを務める。70年代終りにアーティ&ハッピー・トラウムやジョン・セバスチャンと共にウッドストック・マウンテン・レヴューとして活動。また80年代にはミュージカル・オーケストラにも参加。97年にはボブ・ディランのツアーバンドに抜擢され、2004年まで務める。その後は、ピーター・ウルフ、エルヴィス・コステロ、エミルー・ハリスなど数えきれないアーチストのアルバムやツアーに参加。プロデューサーとしてもリヴォン・ヘルムのグラミー受賞作2007年『Dirt Farmer』、2009年『Electric Dirt』などを手掛けている。一方のテレサ・ウィリアムスはテネシー州出身。NY移住後は様々なバンドで活動。その後、元グレイトフル・デッドのフィル・レッシュ&フレンズやリトル・フィートらのバックで歌う。そしてラリーと結婚後、デュオとして2015年『Larry Campbell & Teresa Williams』をリリース。
この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける