Wee Willie Walker & The Anthony Paule Soul Orchestra / After A While (2017/11)
型番 BSMF-2581
定価 2,400円(税込2,592円)
販売価格

2,400円(税込2,592円)

購入数


BSMF-2581 ウィー・ウィリー・ウォーカー / アフター・ア・ホワイル

これが現在進行形のリアル・サザン・ソウル!遅咲きのソウルマン、ウィー・ウィリー・ウォーカーが、ボズ・スギャッグス、チャーリー・マッスル・ホワイトなどと、長年に渡ってツアーやレコーディングを行ってきたベイエリアのギタリスト、アンソニー・ポールと共に作り上げた最高の一枚。オリジナル8曲に加え、ジョージ・ジャクソン&ダン・グリアや、リル・グリーンなどのカヴァー5曲を収録。M12では、リビング・ブルース誌がエタ・ジェイムス以来のダイナミックなブルース・ウーマンと称する、テリー・オダビが参加し華を添える。



1. Second Chance
2. After A While
3. I Don't Want To Take A Chance
4. Romance In The Dark
5. Hate Take A Holiday
6. Thanks For The Dance
7. If Only
8. Cannot Be Denied
9. Look What You've Done To Me
10. I Don't Want To Know
11. The Willie Walk
12. Lovey Dovey
13. Your Good Thing (Is About To End)

★Wee Willie Walker (ウィー・ウィリー・ウォーカー)
ウィー・ウィリー・ウォーカーは、1941年ミシシッピ生まれ。1967年に、ゴールドワックスからシングル「Ticket To Ride」(ビートルズのカヴァー)を発表し、翌年にも2枚のシングルをチェッカーから発表するが、アルバムのリリースは、2002年の『Willie Walker』まで待たれた。しかし、このアルバムでシーンに帰ってきたウィリーは、カーティス・オベダ率いるバンド、ブタンズの強力なサポートをバックに2004年、アルバム『Right Where I Belong』を発表。大好評を得たこの作品で復活を遂げ、勢いそのままに2006年、アルバム『Memphisapolis』を発表する。そして、2008年にはオランダ、スイス、日本とワールド・ツアーを周り、還暦を過ぎた彼のキャリアが遂に花開く。2015年のブルース・アルバム『If Nothing Ever Changes』では、ブルース・ミュージック・アワードにて、アルバム・オブ・ジ・イヤーを含む3部門にノミネート。さらに、リビング・ブルース・アワードでは、2部門制覇。不屈の遅咲きソウルマンの活躍は、これからまだまだ期待される。
この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける