Van Wilks / 21st Century Blues (2017/03)
型番 BSMF-2549
定価 2,400円(税込2,592円)
販売価格

2,400円(税込2,592円)

購入数


BSMF-2549 ヴァン・ウィルクス / トウェンティ・ファースト・センチュリー・ブルース

40年以上に渡りテキサスのオースチンで活躍してきたテキサス・ブルース・シーンの重鎮、ヴァン・ウィルクスの10年ぶりとなれる貫禄のニューアルバム。いぶし銀のギターで強烈なブルース・ロックを存分に聴かせる。バックにはエリック・ジョンソンなどと仕事をするトミー・テイラー(ドラム)、レジー・ホイッティ(ベース)などテキサスのつわものたちが脇を固める。さらにゲストに長年の友人でもあるクリストファー・クロスやマルフォード・ミリガン。そしてZZトップのビリー・F・ギボンズとの共作曲も収録。






1. Strange Girl
2. Drive By Lover
3. Golddigger
4. Just Walk Away
5. There’s A Sin In There Somewhere
6. 21st Century Blues
7. Who’s Foolin’ Who
8. She Makes Me Crazy
9. If I Were A Richman
10. Can’t Stop Thinkin’
11. Livin’ On Borrowed Time
12. Midnight Crossing


★Van Wilks(ヴァン・ウィルクス)
テキサス州ガルヴェストン出身。幼い頃からギターを手にあい、ブリティッシュ・インヴェンションに影響を受ける。70年代の初めにオースチンに移り、本格的に活動を開始。今までのテキサススタイルを踏襲しつつも独自のギタースタイルを確立。自身のバンド“Fools”を率い、ブルースシーンでも認められるようになる。1979年にはマーキュリー・レコードと契約し、翌1980年にファースト・アルバム『Bombay Tears』を発表。その後も1996年に『Soul Of A Man』、1999年『Koko's Hideaway』など6枚のアルバムをリリース。アメリカはもちろん、ロシア、インドなど全世界をツアーし、ZZトップ、ヴァン・ヘイレン、エアロスミスなどとも共演。ZZトップとは特に親しく、DVD『Live at Montreux Jazz Festival』にも出演。エリック・ジョンソンとのデュエット曲もある。またAustin Music Awards、Texas Music Hall of Fameを初め多くの賞を受賞し、オースチンでは絶大なる人気を誇るまさにレジェンドなのだ。



この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける