2017年夏1000円セール
並び順を変更[ おすすめ順 |価格順 |新着順 ]

1,000円(税込1,080円)

西海岸のベテラン・ハーモニカ・プレイヤー、リンウッド・スリムが、現在ブラジルでナンバーワンで、世界中からも注目を集めるブルース&ジャズ・ギタリスト、イゴール・プラドをバックに強烈なジャンプ・ブルースから独特のスムージーなモダン・ブルースを聴かせる。

1,000円(税込1,080円)

ロベン・フォード全面協力!ウエストコーストで活躍するベテラン・ギタリストの7年ぶりのアルバム。

1,000円(税込1,080円)

ミシシッピー・デルタ魂炸裂の強烈でタフなエレクトリック・ブルースを聴かせる、ブー・ブー・デイヴィス。ベースレスのトリオで聴かせる独特のサウンドは、RLバーンサイドを思わせるファンキー&ロッキンなダウンホーム・ブルース。

1,000円(税込1,080円)

オランダ発、結成26年のベテラン実力派ブルースバンド、ジューク・ジョンツの日本初のアルバム!プロデューサーにロニー・ベイカー・ブルックス(父)を迎えシカゴで録音。ゲストにはエディ・クリアウォーター、アナ・ポポヴィッチが参加。

1,000円(税込1,080円)

奥の深い玄人好みのギター・プレイとソウルフルなヴォーカルで人気も高い実力派ギタリスト、ジョー・ピッツ、待望のソロ・サード・スタジオ・アルバム。

1,000円(税込1,080円)

音楽センス、テクニック、音色(トーン)ともにJJミルトゥを彷彿とさせるカナダのハーモニカ・プレイヤーのニューアルバム!オリジナルとウルフやジョン・ハート、ケブ・モ、ルシンダ・ウィリアムスなど名曲のカバー、そしてヴォーカル物とインストがバランス良く散りばめられ、ハーモニカのテクニックはもちろん、アルバムとして高い完成度。

1,000円(税込1,080円)

1977年オリジナルのKICKING MULE音源の初CD化。ピアノ・ラグの祖とも言えるスコット・ジョップリンの10の名曲をギターアレンジで聴かせる教科書的作品。ダック・ベイカー、ラッセ・ジョハンソン、ジョン・ジェイムスなど。

1,000円(税込1,080円)

祝!来日記念盤。2011年1月にジャニス・イアンの日本公演にギタリスト(ドブロ、ラップスチールなど)として初来日するナタリアのニューアルバム!その定評あるギタープレイに加え、魅力的なスモーキーヴォイスにも磨きがかかり、オルタナティブなフォーク・ポップを聴かせる。

1,000円(税込1,080円)

1977年オリジナルのキッキングミュール音源、ダック・ベイカーのサード・アルバムが初CD化。ゲストに盟友ステファン・グロスマン、マイク・ピゴット(フィドル)が参加。

1,000円(税込1,080円)

西海岸で活躍する、超ハイテンションなハード・ロッキン・ブルース・ギタリストのジョニー・ハンキンスのデビュー・アルバム!ヴォーカル、ギターはもちろんベース、ハーモニカ、キーボードと全てをこなすマルチプレイヤー。

1,000円(税込1,080円)

カナダから新進気鋭のブルース・ロック・ギター・スリンガーの登場だ!本作が正式なスタジオアルバムとしてのデビューアルバムとなるヴィンス・ホーキンス。

1,000円(税込1,080円)

スペインNO.1ブルース・ロック・ギター・ヒーローのハビエル・バルガス率いるバルガス・ブルース・バンドが日本初登場!彼らが、1998年にリリースした7枚目の名盤がリマスター&ボーナス2曲を追加して復刻。

1,000円(税込1,080円)

Tone Centerのトリビュート・シリーズ(サンタナ、ジェフ・べック、マイルス)のプロデュース兼ギタリストとして御馴染みのジェフ・リッチマン、2010年作品!現役ドラマー最高峰、ヴィニー・カリウタを始め、ベテラン・パーカッショニストのアレックス・アクーニャなど参加。

1,000円(税込1,080円)

カナダからレトロでお洒落なブルース・ギター・ウーマン、初のライブアルバム。ニューアルバム『アクロス・ザ・プレインズ』リリースにあわせ同時リリース!

1,000円(税込1,080円)

2010年1月に行われた、インターナショナル・ブルース・チャレンジでベスト・セルフ・プロデュース・アルバムを受賞した今最も旬で勢いに乗る、テキサス系ブルース・ギター・ウーマン、ローリー・モーヴァンが日本初登場!

1,000円(税込1,080円)

2009年作品。クールでミステリアスなハスキー・ヴォイス“LADY”とスリリングでメロディアスなアコースティック・ギターで綴られた12の物語。

1,000円(税込1,080円)

スティーブ・ミラー・バンドを永きに渡り支えてきたギタリストによる初のソロ・ギター・インスト・ジャズ・アルバム!ダニー・ハザウェイの「Valdez in the Country」やファンクの名曲「Pick Up the Pieces」などのカバーを含む極上のスムース・ジャズ・アルバム。

1,000円(税込1,080円)

スティーヴ・ルカサー、デイヴ・ウェックルのバンドで日本でもお馴染みの超絶技巧派キーボーディスト、スティーヴ・ウェインガートの2ndソロ・アルバム。超絶ギタリスト、フランク・ギャンバレとのバトルは緊張感も抜群。またベースにジミー・アール、ドラムにトム・ブレックトイン、そしてサックスにはアーニー・ワッツ。

1,000円(税込1,080円)

まさにLAハード・バップ!ストレイト・アヘッドなモダン・ジャズ。チャールズ・ミンガスを思わせるディーン・タバのベースに、ジョン・コルトレーンを髣髴とさせるアンディ・スズキのサキソフォン、また2度のエミー賞に輝くニック・マンソンの多彩なピアノ&キーボードなど、どれをとってもこだわりのプレイを聴かせる、痛快ジャズ・アルバム。

1,000円(税込1,080円)

独創的なアイデアとそれを実演する鉄壁のリズムはモダン・ジャズの最高峰だ。2度のエミー賞に輝く多彩なピアニスト、ニック・マンソンのリーダー作。ベースは、チック・コリアのバンドメンバーとして活躍してきた現在最高のプレイヤー、ジョン・パティトゥッチ。
前のページ | 次のページ