CHICAGO系
並び順を変更[ おすすめ順 |価格順 |新着順 ]

2,300円(税込2,484円)

2016年のシカゴ・ブルース・フェスティヴァルで共演した2人のブルースマン、モンスター・マイク・ウェルチとマイク・レッドベターがタッグを組み、その才能を爆発させた次世代ブルース!

2,300円(税込2,484円)

ジョン・プライマーとボブ・コリトーによる名コンビが復活!絶賛を浴びた2013年『ノッキン・アラウンド・ジーズ・ブルース』の続編。

1,840円(税込1,987円)

ブルース新世代!期待の新星、ビッグ・ジョン・アトキンソンがベテラン・ハーピスト、ボブ・コリトーとタッグを組んで放つ強烈ブルース・アルバム!

1,850円(税込1,998円)

若きブルースマン、ビッグ・ジョン・アトキンソンによる2014年発表のデビュー作。日本では手に入らないマニアックな米ブルービートより限定直輸入。

1,850円(税込1,998円)

若きブルースマン、ビッグ・ジョン・アトキンソンの2作目(2015年作品)を輸入盤で限定入荷(WEB販売のみ)。

2,400円(税込2,592円)

エディ・クリアウォーター・バンドやモリー・ソカット&ザ・スペシャル20sなど、現在のシカゴ・ブルース・シーンでバリバリ活躍するハーピスト&ギタリスト、SHOJI NAITOによる初のリーダー・アルバム!ゲスト・ヴォーカルにエディ・クリアウィーター、ウィリー・バック、ピアノに日本勢のアリヨ、リー・カネヒラなどが強力サポート!

2,400円(税込2,592円)

ロニー・アール&ザ・ブロードキャスターズやシュガー・レイ&ザ・ブルートーンズの創設メンバーとして長きにわたり活躍してきたベテラン、アンソニー・ジェラーシが満を持して贈る、モダン・ブルース・アルバム。

2,400円(税込2,592円)

超アーシー&ワイルド!ミシシッピー出身、現在はヨーロッパで大活躍するブー・ブー・デイヴィスが本領を発揮したリアル・デルタ・ブルースの真髄。

2,750円(税込2,970円)

1975年ドイツ、ハンブルグにある歴史的クラブ、オンケル・ポーにて行われた未発表ライブ!フレディのライブにハズレ無し!音質、プレイ共に最高の2枚組。

2,400円(税込2,592円)

ラッシュ全盛期、1973年のマサチューセッツ州ケンブリッジのジョーズ・プレイスで録音された未発表ライブ!

2,980円(税込3,218円)

ライブ・ブートレッグ・シリーズ!シカゴ・ブルースのファンキー帝王、ジュニア・ウェルズの1994年カリフォルニアでの未発表ライブ音源を2枚組で!

2,980円(税込3,218円)

マディ・バンドの最後を務めたジョン・プライマーがホストとなり、ジョニー・ウィンター(亡くなる5か月前に録音)、デレク・トラックス、ケブ・モ、ゲイリー・クラークJR、ジェイムス・コットンらが参加した超強力盤!、

2,400円(税込2,592円)

SOLD OUT
シカゴ・ブルース黄金期を支えてきた御年90歳、生きる伝説ピアニスト、ヘンリー・グレイと、職人ハーモニカプレイヤー、ボブ・コリトーのベストセッション集!

2,750円(税込2,970円)

エルモア・ジェームス、ハウンド・ドッグ・テイラーの流れを汲み、独自のスタイルで人気を博したシカゴのスライド・ブルース・ギタリスト、J.B. ハットーが、亡くなる直前の1982年に行ったヨーロッパツアーでの貴重な未発表ライブ音源を2枚組で完全パッケージ。

2,400円(税込2,592円)

オールドスクールなシカゴ・ブルースをひたすら追求し数々の賞も獲得するキャッシュ・ボックス・キングスの最新作!真黒な巨漢ヴォーカリストのオスカー・ウィルソンと、ディープなハーモニカのジョー・ノセクのコンビが暴れまくる。

1,000円(税込1,080円)

現在、ウェストコースト・ブルース・シーンを牽引し続けるマニッシュ・ボーイズが、強力なヴォーカリスト、シュガーレイ・レイフォードを中心に据え、原点に経ち返ったブルースの真髄を聴かせる。豪華ゲストにキム・ウィルソン、キャンディ・ケイン、ボブ・コリトー、キッド・ラモスなどが参加。

1,000円(税込1,080円)

実力派ブルース・ギタリスト、ジョー・ルイス・ウォーカーのベストアルバム!ブルース・ミュージック・アワード受賞の名盤『Between A Rock And The Blues』(2009年)を含む、脂の乗り切ったストーニー・プレイン時代に残した3枚のアルバムから選曲された必聴盤。

2,000円(税込2,160円)

2,000円(税込2,160円)

2,381円(税込2,571円)

真のブルーズン・ソウル・シンガーが巨漢を揺らし雄叫びを上げる!そのパワフル&ソウルフル&ファンキーなヴォーカルで真っ向勝負の王道ブルースをこれでもかと聴かせる。
前のページ | 次のページ